鎌倉 満 福 寺。 満勝寺 臨済宗 東福寺派のトップページ

寺伝によると観音菩薩像は佐原義連が源義経の搦手軍として平氏追討に赴く際に、仏師に造らせたといわれ、運慶の影響を受けた鎌倉地方の仏師によるものとされています。

オリジナルの石を使ったストラップや一刀彫の地蔵菩薩はとても可愛らしいので、お土産におすすめです。

栄西は二度も中国 宋 に渡った 比叡山の高名な僧ですが、 禅密兼修の立場から 中国で学んだ禅を広めようとして 天台宗の比叡山延暦寺から圧力を受け、 59歳で鎌倉に来た栄西を、 源頼家や北条政子、その子源実朝は歓迎しました。

当サイトからのごあいさつ 鎌倉・時宗・向福寺の公式WEBサイトです 交通アクセス <電車でお越しの方> JR横須賀線 「鎌倉駅」下車 京浜急行バス(九品寺循環) バス停 「五所神社」下車 徒歩1分 <車でお越しの方> 横浜横須賀道路「朝比奈IC」より、鎌倉方面へ約5km 平坦な場所のため老後のお墓参りも心配ございません(無料駐車場あります) 0. 8km、鎌倉市二階堂字三堂他に所在する、源頼朝が建立した寺院の跡です。

: 終日閉場 (2)開場時間内に上記の気象警報、注意報が発令されたとき。

寺伝によれば、744年(天平十六年)、聖武天皇に東国で流行していた病を鎮めるよう命じられた行基が、この地で薬師如来を彫り祈ったところ無事に病が治まったのお堂を建てこれを祀ったのが始まりとされ、平安時代末期に高範という僧が中興した。

もと手広のの末寺で、現在は京都の末寺。

伽藍の配置は三堂が複廊を介して南北方向に一列に並び、両側の堂からはL字型の廊が付属し、中門・釣殿がつくられていました。

源頼朝寝所の警護11人のうちに選ばれるなど頼朝の信任も篤く、後に六波羅探題として手腕を発揮し初代連署となった北条時房元服の際には頼朝の命によりその烏帽子親となり、時房は時連となのりました(その後時房と変名)。

境内は中門まで入れるが、その先の仏殿を拝観することはできないので中門より参詣する。

55

由比の長者が溺愛していた愛娘が、由比ヶ浜で遊んでいると、上空から大鷲が娘をさらって飛び去っていきました。

一向宗は鎌倉時代に一向俊聖(いっこうしゅんしょう)上人が興した宗派で、各地を遊行し踊り念仏をしていました。

この道にあるお寺の中でも、この向福寺は角の立った雰囲気がなくアットホームな感じのするお寺さんなのでのどかさ一番です。

拝観時間 ー 休日 ー 拝観料 無料 TEL 0467-22-9498 URL ー 駐車場 なし。

満福寺について 奈良時代、関東に悪い病気が流行していたとき、聖武天皇にこの病気を排除するよう命ぜられた行基が、鎌倉へきて、前に広がった海原と後ろの山並みがとても美しいこの場所で祈りをささげると不思議に病気がおさまったといわれ、功徳をたたえてここに寺を建てることにしたといわれる。

珍しい時宗(一向宗)のお寺さんです。

現在でもこのあたりは佐原という地名を使用しています。

寿福寺 鎌倉五山第三位 御朱印 鎌倉五山の寿福寺御朱印は以下になります。

境内には庫裏と本堂、墓苑があるのみで小さなお寺です。

栄西は日本に茶の文化を広めたことでも有名で、 栄西が書いた『喫茶養生記』という本が 寺の宝物になっています。

91 53