びゃっこう 日本酒。 日本酒ブランド「SAKE HUNDRED」のフラッグシップ『百光』が約5ヶ月ぶりに再販売。500本限定の抽選販売を1/22(金)より開始|株式会社Clearのプレスリリース

非常に手間とコストがかかる栽培方法だが、大地の恵みを存分に受けて育った分「米本来の力強さ」が味わいとして表現される。 「百年先まで光照らす」という輝かしい名前の由来をもっていることもあって、特別な日のギフトに選びたいですね。 輸出先はアメリカが多くを占めていましたが、ここ数年、中国を始めとするアジア各国にも拡大。 「僕はもう、この生き方しかできない」——生駒龍史が日本酒で唯一の上場企業を目指す理由 2019年度の清酒の輸出金額は約234億円(財務省統計)。 Clearから、「百光(びゃっこう)」の抽選発売が、2021年1月22日(金)より開始されています。 ホクホクした食感との相性が良いでしょう。 好評を博し、2020年8月のリニューアル発売からわずか3日で完売となった。 そんなストーリーを持つ 『SAKE HUNDRED』は、 世界的なワインの品評会・IWCのSAKE部門で ゴールドメダルを受賞、 世界のトップソムリエ・飲食メディアの100名による審査において プラチナ賞を受賞、 歴史ある日本酒の品評会・全米日本酒歓評会で 金賞を受賞、と数々の名誉ある賞を受賞しているそうです。
96