ブルー スカイ コンプレックス。 ブルースカイコンプレックス|セリ|note

1巻~3巻までは高校生編、4巻以降は大学生編という構成になっています。 65
。 お互い何もしゃべらないのに、なんだか居心地いい、不思議な親近感を抱き始める二人。 少しずつ心を開いてくる夏生が、試験勉強を手伝った楢崎に、成績があがったご褒美がほしいというのですが、そのご褒美というのが…!? 意識していることをひた隠しにしながら(笑)、徐々に近づいていく二人の距離感にやきもきすることでしょう。 「大丈夫か~~~~」と心配そう。 ラストにちょろっと登場したアレックスは。 なんと栗栖は夏生のピアスを開けた張本人で、現在は同じ大学に通っていると判明します。 そしてその時の光景を今でも覚えていると。 PLAY。 「・・・なんてな!悪いなしんみりした話して」 「ううん ・・・こういう話って聞いちゃっていいのかなってずっと思ってたんだけど」 「夏生がもし嫌じゃなかったら もっと父さんの話聞きたい」 そう元親に言われて、夏生はお父さんの話をしながら墓参りへ。