ほうれん草 離乳食。 【簡単すぐできる】ほうれん草のゴマ和え|離乳食レシピ後期(9~11ヶ月)

鉄分やカルシウムなどの栄養が豊富です。 離乳初期~中期は葉先だけ、離乳後期以降は茎も含めてと、離乳食の段階に合った下ごしらえをします 電子レンジで加熱する方法 ほうれん草を洗ったら、水気を残したまま耐熱容器などに入れてふわっとラップをかけます。 しかし、赤ちゃんがそうした記憶を忘れてしまったり、調理方法を変えたりすれば、また食べるようになることも珍しくありません。 ほうれん草は旬は冬ですが、今は年中流通しているので使いやすい食材です。 焦らずゆっくり、たくさんの野菜を好きになってもらえるように工夫していきましょう。 茎は後期から使用できます。 0㎎です。
90

ビタミンAには抗酸化作用や皮膚や粘膜を保護する効果があり、免疫力アップに役立ちます。

ほうれん草をざるに取り、冷水によくさらしてアク抜きします• だし汁300cc• 後期以降は少量の油を使って調理するやはり肉・魚・卵といった脂質を含む食材と組み合わせましょう。

冷凍食品のさやいんげんが使いやすいでしょう。

バナナと組み合わせれば、ぱさぱさ感もなくなり、食べやすいかもしれませんよ。

どんな野菜もそうですが、 最初は赤ちゃんスプーン1さじから始めてください。

ほうれん草の葉1枚につき600Wで20秒を目安に加熱します。

75