僕 が 恋 した 一瞬 を きらめく 君 に。 僕が恋した、一瞬をきらめく君に。 スターツ出版文庫 : 音はつき

他作でキャター小説大賞特別賞受賞。

だけど咲果には、その夢を追いたくても追えない悲しい秘密があって…。 過去作ではスターツ出版キャラクター小説大賞特別賞受賞も。 「アトラクトライト」小説化、ありがとうございます。 作曲・編曲をしてボーカロイドに歌を歌わせたり、音楽プロデューサーとして活動をしている。 サッカー選手になる夢を奪われ、なにもかもを諦めていた高2の樹。 同時に、そこにまっすぐ向かっていくことの難しさも。 ある日公園で弾き語りをしているのを同級生の咲果に見つかってしまう。 それが若い時ってなかなか気づかないものなんですよね~。
26
転校先の高校で友達も作らず、ひとりギターを弾くのだけが心落ち着く時間だった かつて歌手になる夢を見ていた咲果と共に曲を作り始めた樹は、彼女の歌声に可能性を感じ、音楽を通した将来を真剣に考えるようになる
確かにそうとも言えるかもしれないけど、大人になった今の僕からすると 「好きでもない事で成功する程、世の中甘くない」と感じることも多くなりました (樹に関しては、傷ついたもう一人の自分が存在はしてるのですが) 誰もが通って行く年代なのですが、ある時は「もう子供じゃないんだから」と言われ、ある時は子供扱いされ大人のような選択権を得られない
かつて歌手になる夢を見ていた咲果と共に曲を作り始めた樹は、彼女の歌声に可能性を感じ、音楽を通した将来を真剣に考えるようになる どん底にいた樹がやっと見つけた新しい夢
だけど咲果には、その夢を追いたくても追えない悲しい秘密があって… サッカー選手になる夢を奪われ、なにもかもを諦めていた高2の樹
(本書より引用) あらすじ サッカー選手になる夢を奪われ、なにもかもを諦めていた高2の朔田樹(さくた・いつき) 僕が恋した、一瞬をきらめく君に
33

自分一人でなんでも出来るような気になってても、結局は親の掌の上だったなんてことよくあるし、後になって気づくこともあります。

楽天ブックス: 僕が恋した、一瞬をきらめく君に。

ある日公園で弾き語りをしているのを同級生の咲果に見つかってしまう。

ある日公園で弾き語りをしているのを同級生の咲果に見つかってしまう。

【著者情報】(「BOOK」データベースより) 音はつき(オトハツキ) 2017年に趣味としての創作を始め、『未だ青い僕たちは』で作家デビュー。

転校先の高校で友達も作らず、ひとりギターを弾くのだけが心落ち着く時間だった。

ある日公園で弾き語りをしているのを同級生の沢石咲果(さわいし・さきか)に見つかってしまう。

多くのユーザーの共感を得ている。

1