ロイ マスタング 目。 鋼の錬金術師の主要な登場人物

また中央の無線のチャンネルを全て知っているなど、趣味で入隊以前から培われたその知識と技術は目をみはるものがある。

25
人間関係 に対しては他の部下や以上に信頼をしており、「もし自分がを踏み外したら殺せ」と託している 一方で、変身は自身の視覚情報を頼りにして行うので、変身後の姿にミスが生じることがある
第63話での決戦終了後リゼンブールに帰るホーエンハイムに対してお礼を送った は養母
これはグラトニーの能力とは異なり、命そのものを自分自身に取り込んでしまう能力で、グラトニーを取り込んだ結果、彼の能力である鋭い嗅覚を会得している 国家錬金術師を殺して回る連続殺人犯で、傷の男(スカー)の名は軍部がその額の傷より通称としてつけたものであり、最後まで本名は明かされない(本人は復讐のために名前を捨てたと言う)
そして、錬成陣を書き終えた男は5人を集めて錬金術を発動する 「約束の日」においては、左腕に兄が残した「再構築」の錬成陣を書き込み、単なる破壊だけではなく錬成も攻撃に用いた
ですが、 エンディングでマスタングが写っている所では視力が治っているようです 「……今の我々が持っているのは戦場への片道切符 失敗すれば元に戻る事はできない となれば諸君らが守るべき命令はただひとつ 『死ぬな』!以上だ!」(『鋼の錬金術師』21巻から引用) どれだけ偉くなろうと、決して部下の命をないがしろにしない
身長170㎝台前半 長い戦いの始まりはロイと共に ロイとリザの関係は単なる上司と部下ではない
特に雨天下での戦闘は完全に無力化される為に、時には味方(それも部下)から、 「」の烙印を押されてショックを受ける、という場面があった 「焔」の二つ名を持つ国家錬金術師
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST最終回では放送機器を整備する姿が写真に写っている 持ち前の記憶力より中央司令部の作戦本部の位置を把握しており、地下からの正確な突入に一役買う
約束の日前日に久々に部下と合流 偶然出会ったエドワードに「賢者の石」の秘密を示唆するが、同時にラストに見つかり、町を人質に監視される
42

ですが彼は隙を突き、ホムンクルスの核とも言ってよい賢者の石を分解する錬成を命がけでぶつけるのです。

初登場時は部勤務であったが、後に中央部へ栄転。

(作中では、取り戻した様子等は描かれませんでしたが、アームストロング少佐が「視力がなければ軍を退役させられる」と話していることと、後の後日談的写真が沢山描かれているページの中の一枚の写真で、アームストロング(位章的に大総統の1つ下・大将)と補佐官リザ・ホークアイが軍服を着て軍を指揮している写真があり、エドたちが後日聞いているラジオで「マスタング准将が本格的にイシュヴァール政策に乗り出し・・・・」と放送していること、そしてキング・ブラッドレイ大総統の後を継いで大総統に就任したグラマン大総統とブラッドレイ婦人のアフタヌーン・ティータイムでの会話「東はマスタング君、北はアームストロング君が・・・」という言葉から軍に属し続けていると様子が見て取れます). ロイの焔の錬金術としての始まりはリザで、その責任を彼女は負っていたのかもしれない。

圧倒的な権力、そして軍内部に入り込んだホムンクルス側陣営の強さを感じる一言です。

胡散臭い髭の中年男。

「そうかぁ? ま、もうちょっとここで待ってろよ、お迎えが来るから」 「へ?」 前みたいにぽんぽん俺の頭を撫でるオッサンを、思わず見上げる。

そのあまりの力強さに、自然とマスタングとして居続けることができました。

終盤では逆に復讐心に燃えるマスタングを諌めた。

「あいつはひとり取り残される恐怖と絶望を知っている それをアルフォンスに味わわせることはしない」(『鋼の錬金術師』27巻から引用) そしてここから物語は読者の度肝を抜くような展開になっていくのです。

91