サンズ 対 ネッツ。 ブルックリンネッツ V/S ボストンセルティックス

最終的には9点差に収まりましたが、点差以上に差を感じたゲームとなってしまいました。

Future is bright,. 文字通り、最善を尽くしていたことを考えると、サンズのファンは8試合しかなかったシーディングゲームズに不満を感じるのも無理はないでしょう。

64
ウエスタンカンファレンスから月間最優秀プレーヤーに選出されたブッカーは自身初受賞。 しかもダブルダブル11回、そのうちトリプルダブルが3回あり、フランチャイズ記録となるアウェイでの5連勝を含む8連勝(2005-06シーズン以来初)でも中心的な活躍を見せた。 戦力充実のサンズは序盤から点を重ねていき、前半残り1分33秒にクリス・ポールの3ポイントが決まり、この試合最大となる24点差(73-49)をつけ、前半を終えて21点差(75-54)と大量リードを奪う。 サンズも、 ジェイ・クラウダー選手と ダリオ・シャリッチ選手らが故障で出場できなかったので、彼らがいればまた違った展開になっていたと言いたいのですが、誰が欠場していようとも、勝敗は結果の通りについてしまいます。 フォワードとしてはさほどサイズに恵まれているわけではないクレイグ選手がこれだけリバウンドを奪えるのですから、やはりインサイドをしつこくついていくのが良いのですかね。 「ウォーレンにかなりやられた」とネッツのケニー・アトキンソンHCは敗因を語っている。 前半終了時点で21点ビハインドを背負いながら逆転勝利したことで、ネッツは1976-77シーズンにABAからNBAへ参戦後、前半終了時点としてはフランチャイズ史上最多得点差からの大逆転劇となったのである。 2スティール チーム成績: 9勝4敗(選出時点での通算成績は23勝13敗、イースタンカンファレンス2位) その他: 2月15-21日(シーズン第9週)のオールスターに選出 文/柴田 健(月バス. 主力ガードの1人だったスペンサー・ディンウィディー(27)が膝のじん帯で今季の出場が絶望となっているネッツはこの日、ハーデンに絡むトレードでキャリス・ルバート(26)、ジャレット・アレン(22)、トーリーン・プリンス(26)、ロディオンス・クルッツ(22)の4選手が移籍。
36
このクォーターに14得点を奪ったデュラントを中心にリードを保ったネッツが最終スコア128-119で上位対決を制し、連勝を飾った 10点のリードを手にしたネッツが2連勝を飾っている
この試合を土台に前進を続けたい」と話している 「今、(ロッカールームは)大盛り上がりさ
サンズはブレイザーズに対して「素晴らしい試合だった シーディングゲームズが始まる前、ウェスタン・カンファレンス13位だったフェニックス・サンズがプレイイン・トーナメントに進出する可能性は皆無のように思われていました
4秒にハーデンが長距離砲を沈めてネッツがこの試合初のリード(126-124)を奪う テンポの早いゲームと言えば昔からサンズにぴったりのイメージですが、今シーズンのサンズは、ネッツの スティーブ・ナッシュヘッドコーチがプレーしていた時代と違いさほど早い展開のゲームをしているわけではありません
ネッツでは「これこそがチームの本当の定義というもの 「終盤彼に重要なオフェンシブリバウンドをいくつか奪われてしまい、彼を止めることができなかった
勝利したネッツはアービングが34得点12アシスト、デュラントが28分の出場で33得点6リバウンド、グリフィンが16得点、ジェフ・グリーンとが10得点、ジョーダンが6得点12リバウンドをマークした 続く第4クォーターもデュラントの勢いは止まらず、開始早々に連続得点を挙げ、点差を2ケタに広げる
デビン・ブッカー 出場試合数: 15試合 主要成績: 27. 彼らは根性を見せてくれたよ」と、スティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)は選手たちの奮戦を称えていた 4月26日(現地時間25日)、イースタン・カンファレンス首位のブルックリン・ネッツがホームでウェスタン・カンファレンス2位のフェニックス・サンズと対戦した
スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ジョー ハリス ジョー ハリス 終了 35 8 3 - 9 0 - 0 2 - 7 2 0 0 1 1 3 ケビン デュラント ケビン デュラント 終了 40 39 13 - 24 9 - 12 4 - 9 9 1 4 1 3 1 ブレイク グリフィン ブレイク グリフィン 捕 25 4 1 - 5 2 - 2 0 - 1 5 1 1 0 0 5 ジェームズ ハーデン ジェームズ ハーデン 試合数 39 41 11 - 18 12 - 13 7 - 12 7 10 1 0 2 1 カイリー アービング カイリー アービング 試合数 41 16 6 - 17 2 - 2 2 - 6 6 2 1 0 1 4 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール Landry Shamet Landry Shamet - 19 0 0 - 1 0 - 0 0 - 1 0 0 1 0 0 3 Nicolas Claxton Nicolas Claxton - 16 4 2 - 5 0 - 0 0 - 0 5 0 0 1 2 2 Bruce Brown Bruce Brown - 15 2 0 - 2 2 - 2 0 - 0 3 2 0 0 0 3 タイラー ジョンソン タイラー ジョンソン - 10 5 2 - 3 0 - 0 1 - 2 0 0 0 0 0 1 Chris Chiozza Chris Chiozza DNP ティモシー ルワウ ティモシー ルワウ DNP Alize Johnson Alize Johnson DNP Reggie Perry Reggie Perry DNP Mike James Mike James DNP デアンドレ ジョーダン デアンドレ ジョーダン DNP スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール Jayson Tatum Jayson Tatum 終了 41 50 16 - 30 13 - 15 5 - 11 6 7 2 1 1 3 エバン フォーニエ エバン フォーニエ 終了 37 17 6 - 12 1 - 2 4 - 7 5 2 1 0 1 5 トリスタン トンプソン トリスタン トンプソン 捕 30 19 8 - 13 3 - 4 0 - 0 13 1 0 0 2 2 ケンバ ウォーカー ケンバ ウォーカー 試合数 34 6 3 - 14 0 - 0 0 - 7 8 3 1 0 5 5 マーカス スマート マーカス スマート 試合数 39 23 8 - 11 2 - 2 5 - 8 3 6 1 0 4 3 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール Romeo Langford Romeo Langford - 27 6 2 - 7 0 - 0 2 - 6 6 1 0 0 0 1 Grant Williams Grant Williams - 11 4 2 - 2 0 - 0 0 - 0 3 0 0 1 0 3 Aaron Nesmith Aaron Nesmith - 9 0 0 - 0 0 - 0 0 - 0 2 1 0 1 0 2 Payton Pritchard Payton Pritchard - 6 0 0 - 0 0 - 0 0 - 0 0 0 0 0 0 1 Robert Williams Robert Williams - 6 0 0 - 0 0 - 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 Carsen Edwards Carsen Edwards DNP Tremont Waters Tremont Waters DNP Semi Ojeleye Semi Ojeleye DNP ジャバリ パーカー ジャバリ パーカー DNP Luke Kornet Luke Kornet DNP. 第3Qに10得点をあげたデュラントが、第4Q立ち上がりに連続5得点をマーク 28分13秒プレイした
12点差に縮めて最終クォーターを迎えると、ネッツの追い上げはさらに続き、残り31. そんな中で、前半はリードしていたとはいえあれだけ慌ただしいゲームをさせられてしまったのは、やはりペースを狂わされていたのだと思いますし、ネッツに完全にペースを握られてしまう下地となってしまったのかなと思いました 9選手全員が22分以上出場したネッツは7勝6敗となって再び白星が先行
これでサンズは、およそ3ヶ月ぶり以来となる連敗を喫してしまいました — Brooklyn Nets BrooklynNets 記憶に残るサンズ8連勝のは、ブレイザーズが言ったように「明るい将来」を確かに示したと言えるでしょう