金 積立 やめ とけ。 【純金積立やめとけ!】おすすめしない5つのデメリット│魅力はあるも注意あり|イチリタブログ

このように物の価値が上昇するのがインフレです。

さらに、金の現物を売却したときに得た利益は所得税の課税対象になるため、確定申告が必要となります。

1か月の積み立て金額が10000円程度かそれ以下であれば、トータルコストが安くてサイトの使い勝手の評価も高く、サポート体制も充実している楽天証券をお勧めします。

投資信託の販売手数料2. 4%と株式と比較して手数料の点でデメリットがあります。

多くの取扱会社では、最低積立価格が1,000円〜3,000円程度に設定されており、1,000円単位で積立額を設定することができます。

さらに利益から年会費も上乗せされて引かれてしまうので、純金積み立てにかかるコストは株式投資などに比べて割高になってしまいます。

田中貴金属工業や三菱マテリアルなどの、一部の貴金属の販売会社や証券会社ではじめることができます。

しかし、投資は大きなリターンが見込める代わりにリスクも大きい、というものが多く、金のように「資産を守ること」に特化した投資は少ないのが実情です。

極端な話、株や通貨 日本円、ドルなど はただの紙切れになる可能性がありますが、金がその価値を失うことはありません。

また、 金(ゴールド)の価格は短い期間で大きく変動することは少ないですが、中国やインドなどの発展途上国が成長していくにつれて、長期的には上昇していくと考えられています。

利回りで得られた額が小さい場合でも、長期間にわたって運用することで雪だるま式に利益が増えていきます。

SBI証券/マネックス証券:主に金やプラチナの値上がり益を期待したい方向け。

配当がもらえないので、 他の投資商品よりも魅力が小さいです。

その後も連日のごとく過去最高値を更新し続け、8月6日には一時 2081ドル台に到達する場面もありました(8月14日時点では1949ドル)。

積立会社にもよりますが、多くの場合指定した金額になるよう毎日買付を行います。

そしてこれは金の価格にも多少の影響を与えました。

純金自体が収益を生まない 純金を含めコモディティと呼ばれる商品は、株式などの商品と違って利回りとか配当とかって言うものが期待できないのです。

72 67