警視庁 臨海 署 安積 班。 班長は寺脇康文!今野敏サスペンス『警視庁臨海署安積班』あらすじネタバレ感想

その後も所轄と一課はことあるごとに衝突し、怒号を浴びながら安積班は独自で捜査を進めていく。

ニシダ総合建設新規事業部室長の久保田泉美(三津谷葉子)は、池波に不正を知られ脅迫されたことから殺害を決意。

舞台設定 [ ] ベイエリア分署 [ ] 正式名は東京湾臨海警察署。 特車二課 [ ] 後藤喜一(ごとう きいち) 『機動警察パトレイバー』からの登場人物で、安積と速水にとっては同期。 四六判: 角川春樹事務所 2000年9月• 判決が出た後も未だ被疑者は無罪を主張しているという。 アナウンサー -• 四六判: 角川春樹事務所 2002年6月• 臨海副都心開発構想に伴い新設された警察署だがその規模が警察署というより日本の警察に存在しない「分署」と呼んだほうがふさわしいほど小さく、そのため通称「ベイエリア分署」や「湾岸分署」と呼ばれる。 池波昌三(ニシダ総合建設 社員) -• 東京ベイエリア分署 1988年10月• また、荻野照雄の立ち位置も原作とは異なっている。 社会の悪に立ちむかい真実を追い求めるミステリーサスペンスドラマ。 その他 [ ]• 相楽はこれまで安積とは何度も捜査方針を巡って対立を繰り返していた人物であった。 二重標的(ダブルターゲット) 東京ベイエリア分署 、 2006年4月• 騒がしいところが嫌いだったという幸子がなぜここに…?実は1人で店を訪れた客が毒殺されるという事件が、池袋と六本木のクラブでも発生していた。
71
なんとか、寺脇バージョンの安積剛志班長を作るべく頑張りました。 福田達也(花屋のアルバイト・藤井幸子のストーカー) -• 最前線 東京湾臨海署安積班• 8月14日の初日は何もなく無事に終了する。 荻野照雄(警視庁捜査一課 係長) - スタッフ [ ]• 烈日 東京湾臨海署安積班• 原作者・今野敏さんの描かれた、心棒が一本しっかりと通っている作品に出させていただくことは、僕が 求める仕事の中で、一番やりたかった仕事でもあります。 クラブ「ラビリンス」店長 -• 目立った外傷はないが顔が潰されており、その後の検死でリンパ節と筋肉に壊死が見られたことから、毒物が使われた可能性があることがわかった。 死因はワインに混入した青酸カリによる中毒死。 安積は新しい刑事課のオフィスで思わぬ人物と顔を合わせる。 登場人物 [ ] 東京湾臨海署 [ ] 安積剛志(あづみ つよし) 刑事課強行犯第一係の係長で、階級は警部補。 安積の部下である須田と黒木が向かうが、イベントは無事に終了し、爆破予告は狂言に終わる。 臨海署が再開された際、安積を臨海署に引っ張った人物。
96