お 見舞い 包み 方。 【包み方・色】病気見舞い金を渡す際には、袱紗を使うことがマナーです

29
お見舞いに使うのし袋は、切り口が結び目よりも上にある「結び切り」です なぜ贈り物なのに、見た目も綺麗な新札では行けないかというと、実は、お見舞いに行くときに新札を持って行くということは事前に用意してから来ました、言い換えれば「あなたが入院することに供えて新札を用意しました」というニュアンスに捉えられてしまうことがあるため、避けるべきとされています
ボールペンはご祝儀、不祝儀ともにふさわしくないので、 筆ペンや太めのサインペンで書くようにして下さい 水引が付いた袋を使う場合は、熨斗(のし)が付いたものはNGです
出産祝いの時は、水引は紅白5本蝶々結びのものを使用します ・お見舞い金を渡すときの封筒は、紅白の「結び切り」か「あわじ結び」の水引きのもの、赤い帯がプリントされたもの、白無地のものが一般的
目上の方へのお見舞いの場合には「御伺」とすることもありますが、「御見舞」が一般的に広く使われています 新札か旧札かで迷ったら、お財布の中から比較的きれいめなお札を包むのが無難です
ですが、お見舞いにも一定のマナーがあります 輪の部分が鮑(あわび)を表しているので、鮑結びとも呼ばれます
また、私は新札を包むようにしていますが「新札はちょっと…でも旧札も抵抗が…」という人がいれば、 新札を1回だけ折って包む事をお勧めします その金額とは、「4」「6」「9」などの数字が付く金額です
ただ、表裏上下バラバラでの封入は決して好印象ではないので、向きを揃えて一般的な封入方法で包む事をお勧めします 相手との関係で決めてよいと言えます
新札を使う場合は1回折目を付けてから入れるなど工夫が必要です ・何が良いか迷ったのですが、お見舞い品の代わりにお役立て下さい
新札は、手元にあることが少なく、 「事前に用意しておいた」と捉えられてしまいます お札の向きで分かるの?と思うかもしれませんが、意外と簡易袋やのし袋などにお金を入れる際は、どんなときでも同じようにバラバラに入れてる可能性が高いんですよね
きれいなお札はそれはそれで、気持のいいものなので、わたし自身は親戚や友人など近い関係の場合は、新札を包んでいます また、達筆すぎて読めなかったり、殴り書きのように乱暴な文字を書くことも失礼にあたります