大平 シロー。 大平サブロー

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 年収は2000万円と悪くなかったが、吉本興業が太平サブロー・シローの仕事の中心を大阪での漫才としていたため、それに逆らって本格的に東京へ進出することを望んでの独立だった。 ドラマ [7月13日 10:54]• 放送作家として本名の「伊東博」名義で『』の構成や『』でブレーンとして参加していた。 (フジテレビ) CM [ ]• 太平サブローは出てい ません。 楽屋で大ブームになったほどで、「ものまね芸の価値転換」をやり遂げた。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 趣味はで、毎朝、自宅近くを5キロ程走っている。
77
同番組に出演していたシルクも、相方のミヤコさんを亡くしており、その際に、大崎会長が声をかけてくれたと話していた そういう部分でいうと、僕は走るのも遅くて全然ダメだったんで、体力的には全然問題ないだろなとは思っていたんですが、年齢重ねてきておじさんになってきて、まあそこそこは摂生はしてくれてるのかなあと思うてはいたんですが、骨の髄まで芸人の人ですから、おそらく最後まで芸人、飲んで、好きなもの食べて、たばこも吸って、逝ってしまったのかなあという、そんな思いが昨日からジワジワ来てますね
しかし、ほどなく解消 最近、「よろず刑事」というドラマに出演してました
ジャニーズ [7月10日 17:00]• ・関西ローカルパートの月・火曜()• 何年かたったら僕そっちに行くので、あの世でサブロー・シローをやったら面白いでしょうね でも回復するやろなと思って様子をみてたら、見舞いにも行けない状況らしくて、面会謝絶ときいて、聞くたびに重さが増してたんで……
西川きよしには「レパートリーは故人が多い」と稀に言われる CM(声の出演のみ/人生幸朗のものまねで)• (フジテレビ)• 当時は様々な言動や情緒不安定な奇行がマスコミに取りざたされた
88年、東京の仕事が増えない不満から独立し、東京へ進出 ::師匠• 享年55