令 和 2 年 確定 申告。 【令和2年分】確定申告書の書き方(記入例つき)

12
しかしながら、国民の税負担に直結する重要な改正であったため、周知期間を1年設け、満を持して令和2年分より適用となりました。 厳密には9+1、つまり9の所得区分と、そのいずれにも該当しない「雑所得(その他)」の区分です。 本人性別 扶養親族 死別 離別 ひとり親 男女問わず 子供 35万円 35万円 35万円 女性 子供以外 27万円 27万円 - なし 27万円 - - 医療費控除の明細書添付、経過措置が終了 医療費控除の適用にあたり、平成29年度税制改正により、医療費の領収書の添付又は提示に代えて「医療費控除の明細書」の添付が必要となりましたが、経過措置により令和元年分までは、従来通りの領収書の添付又は提示が認められていました。 実はこの改正、平成30年度税制改正によるものです。 令和2年分以降、65万円の青色申告特別控除を受けるためには、ご自宅等のパソコンよりe-Taxで確定申告書・青色申告決算書等のデータを提出(送信)する必要があります。 右側、「税金の計算」の欄で「課税される所得金額 26 」から計算できます(「所得金額 8 」から「所得から差し引かれる金額合計 25 」をひきます)。 例えば、令和2年分のほうが記憶に新しいので、先に令和2年分の申告書を作成し、提出を済ませてから、令和1年分についてはじっくり思い出しながら作成し、4月15日までに提出したとしても、令和1年分の確定申告については、期限内の申告とみなされないということになります。 今回はもともとの9の区分に入っている「一時所得」のお話しです。
65

所得税の計算結果が記されている源泉徴収票。

これは事業の収益を補てんする意味合いなので課税対象です。

(9)から(20)まで全てが年末調整を受けた金額と同じ場合は記入の必要はありません。

国税庁ホームページ内の「令和2年分確定申告特集」のページでは、確定申告に関する様々な情報を入手できるほか、申告書の作成に便利な「確定申告書等作成コーナー」が利用できます。

e-Taxで申告した場合は例年通り65万円ですが、 窓口、郵送での申告は55万円に減額となります。

このような申告を一般的にといいます。

この税額を確定させ、申告する一連の手続きを確定申告と呼びます。