神田 川 歌詞 意味。 神田川(かぐや姫) / コード譜 / ギター

さて、「かぐや姫」はNHKの紅白歌合戦にこの「神田川」で選出されたが辞退している 歌詞の中の銭湯の外で待たされていたのは男性の方だったのか!? それでも、全体の印象や言葉から女性目線の歌詞と捉えるのが自然気がする
つまり「高田馬場という地名の由来の地」にあたり、堀部安兵衛の仇討ち加勢現場 叔父の果し合いに遅れてかけつけ、ばったばったと相手を斬った としても有名です そして、最大のポイントは以下である
「神田川」の歌詞を書いた当時、喜多条忠氏は学生運動をしていた 『』1995年5月19日付東京夕刊、13頁
こうした曲はやがて 「 四畳半フォーク」と称されるようになります 参考URL: 神田川、あかちょうちん、妹は3部作です
しかし、家に帰るとそこで待っていたのは学生運動とは無縁の彼女 DVD 出すべきヒット曲をあらかた出した後、いわば「最盛期」の夏に行われた吉田拓郎とのジョイントコンサートのライブDVD
戦後から復興し徐々に経済発展をしていた日本だけれども、まだまだ貧しい時代である 古本屋の親爺:• セーラー服姿の少女でした
だが、アルバム曲なので恐らく知っている人はそうはいないだろう 余談だが、四畳半フォーク繋がりで言うと、海援隊の「しぐれ坂3番地」という曲も個人的に大好きだ
、(アルバム『綴織百景 VOL. 出来上がったを喜多條からの電話で聞いた南は、その場でメロディーが浮かんだそうです 作詞家の喜多條氏によると 『彼女の日常性というかやさしさが当時の自分とは1番相対するものだった
さっそく南に電話をかけて詞を読み上げると、南はそれを折りこみに書き留めながら、即興で思い浮かんだメロディを口ずさんでいった ずいぶん我田引水的な言い方だったと思う
92
南から作詞を依頼された喜多條は当時25歳で、を中退したのちとして売り出し中だった あの歌詞は女性の気持ちからではなく男目線でも書かれていたんですね
これまでこの歌詞の主人公は女性だっと思っていた 若い20歳前後の「わたし」は、同じ年ほどの「あなた」との関係に「永遠の愛」など信じているわけでもなく、ただただ、素直に「今の愛」を信じているだけなのです
1973年7月発売 小さな通りには飾り付けもしてあり、通りの中ほどに銭湯がありました
、(アルバム『透きとおった哀しみ』収録)• この歌の制作過程をご存じらしい方から、次のようなメールをいただきました とも言い切れないのがまた考察のしがいがあるところで、神田川は新宿方面にも流れている
その日の帰宅途中に彼は神田川沿いを歩きながら…ふと数年前のことを思い出す 上条真:草刈正雄• 「小さな石けんカタカタ鳴った…と書き止めながら、最初はなんて変な歌詞なんだろうと思いました(笑)」 若かったあの頃 何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが怖かった 受話器から聞こえてくる言葉(歌詞)をメモしながら…南の頭にはすでにメロディーが浮かんでいたという
ところが、実際は全く異なっていた 作者・喜多条氏が実際に暮らした1960年代後半から、歌が世に出た70年代前半ごろの「神田川」、とくにこの高田馬場-早稲田近辺は、曲調からは想像しづらい人も多いかと思いますが、 「切り立った護岸で仕切られ、汚れて悪臭ただよう水が流れる、うらぶれた東京の"場末"的河川」 「ちょっと多めに雨が降るとたちまち濁流があふれて近隣に水害をもたらす暴れ川」 といった状況にほかなりませんでした
さて「神田川」の秘密(ファンの方は既に知っているかもしれない)を書く前に少し復習 (編)『フォークソング されどわれらが日々』、2008年、21-22頁
1972年 当時学生下宿が多かった早稲田界隈が舞台となったこの歌
この人は大阪府出身で、「神田川」以降は作詞家として活躍、演歌、アイドルなどさまざまな歌手に作品を提供されていますが、当時はまだ若手放送作家として活動していたようです
実際、「4畳半フォーク」時代の中心にあった世代はいわゆる「団塊の世代」と思う 改めて歌を聴くと、確かに歌詞の主人公が女性と断言できる部分はない
98