市川 リトル シニア。 チーム方針

【 食育 】 個々人の食べる量の差もあるので、強制的な 食べる量の 指導は 行いませんが、身体が 大きいことは、野球という競技の特性上は そのままプレイのスピードやパワーに 繋がるのも 確かです。

チーム紹介 千葉県市川市拠点の中学硬式野球クラブチームです 結構きつかったですね
野球の技術面においては経験豊富なスタッフが一丸となり 高校野球に通じるよう 「 心」「技」「体」の基礎作りを 中心に指導を行っています 500mぐらいで下って、少し走ると今度は登りになる感じで
練習でも投げていましたが、試合でも投げていったことで使えるようになっていきました 【 守備・走塁/チームプレー 】 多くの守備の基本、誰もが意識次第で上達する 走塁に ついては下級生のうちから 徹底的に 指導します
常に最新の指導を意識 しながら高校でも 困らないような 「考える野球」を指導してます 一番の武器は、追い込んでからのチェンジアップです
現代の高校野球の指導はどんどん進化してます
26

でもしっかり食事を食べていくことで、だんだん横もつきました。

【充実した高校野球生活を送ってもらうために】 中学時代の野球はあくまで高校野球を見据えた準備の 期間であると考えます。

また 将来「スポーツマン」として周囲から みられる事もある中 スポーツを通じて学べる多くの ことを野球ノートなどでの 対話を 通し伝えてます。

ですが、走り込みや体幹を鍛えていくうちに、コントロールとか良くなっていき、スピードも少しずつ上がっていったと思います。

団体競技ならではの チームワークの 醸成には 熱血スタッフが 一丸となって 「応援されるチーム」 作りにまい進しています。

また、試合を通じ野球という競技の持つ特性、 チーム、 組織で成果を出すというチームワークを 学んで行きます。

「スポーツマンシップ」を学べるように、 野球を通じて将来社会に出るために大切な ライフスキルを身につけてほしいと願っています。

高校野球を仲間とやり切った経験はその後、 どんなに辛い時も いつでも自分を励ませる 自信が身につき、 一生涯のかけがえの ない仲間と いう財産を得ることができ、 そして大好きな 野球と いう友と深く繋がることが出来ます。

団体での行動を通じ礼儀やマナー、 スポーツマンシップを 学んで行きます。

心 【 基本的な考え方 】 高校野球で活躍する、文武両道を目指す、 甲子園に出る、 プロ野球を 目指す、など 自分 で 高い目標を掲げて、 そこに向かい自分を 奮い立たせ 計画的に努力できるような 心をこの市川シニアの 活動を通じ 身につけて もらいたいと 思って指導しています。

82

スタッフ全員が この認識を持って個々人に合わせた体作りの 指導を行います。

毎年複数のOBが背番号1を背負い エースとして 高校野球のマウンドに上がっています。

活動日は土日祝日、平日練習も行います。

お弁当も好きなものをメインにしながら バランスよく多くの 栄養が摂れるお弁当を 作ってください。

それではまず、新宿リトルシニアを選んだ理由から教えてください。

中学3年の夏で大きな大会は終わりますが、 そこからの半年も とても大切な高校野球の準備期間と 位置づけ、受験勉強を 優先しながらも高校入学の 直前まで練習に励んでもらいます。

そして高校野球を終え、やり切りましたという 充実した成長した 顔を見せに来てくれるOBの姿は 指導者が一番嬉しいものです。

打てても 3 割の確率の中でそれを高める 考え方などの 指導も行っていきます。

また、礼儀を大切にしてるチームであることも先輩から聞いていて、自分もしっかりとしたチームに行きたいと思い、新宿シニアを選びました。

2