đŸ‘Œã†ã‚‹ã•ã„ éšŖäēē を éģ™ã‚‰ せる æ–šæŗ•ã€‚ į†ä¸å°ŊãĒことでč˛ŦめられたときãĢäŊŋえるフãƒŦãƒŧã‚ēīŧ“つ

é‡‘ãŽå•éĄŒã˜ã‚ƒãĒいんだという所ぞで怒りが達しãĻいる場合、č‡Ē厅ãĢã‚¨ãƒãƒ•ã‚Ąãƒŧãƒ ã‚’č¨­įŊŽã—ãĻ厤外抟をそぎåŽļぎ斚向ãĢ向ける斚æŗ•ãŒã‚りぞす。 ãã†ã‹ã¨č¨€ãŖãĻã€ã€Œã†ãĄã˜ã‚ƒã‚ã‚Šãžã›ã‚“īŧã€ã¨éĢ˜åœ§įš„ãĢå‡ēãĻも、おäē’い感情įš„ãĢãĒã‚Šã€čŠąãŒã“ã˜ã‚Œã‚‹ã ã‘ã§ã™ã€‚ そぎ上で、įŽĄį†äŧšį¤žãĢé€ŖįĩĄã‚’しãĻã€č¨˜éŒ˛ãĢ取ãŖた内厚をäŧãˆã€æŗ¨æ„ã—ãĻもらうようãĢ䞝é ŧしぞす。 【ã‚ŋイプīŧ’】たぞたぞ感情įš„ãĢãĒãŖãĻいるį›¸æ‰‹ã§ã‚れば、感情がčŊãĄį€ã„たã‚ŋイミãƒŗã‚°ã§čŠąã‚’ã™ã‚‹ãŽãŒæœ‰åŠšã€‚ ãžã čžã“ãˆã‚‹åĨŗぎįŦ‘いåŖ°īŧ†ã‚ĩãƒĢ。 おうしぞすかīŧŸã€ とįŽĄį†äŧšį¤žį­‰ãĢäŧãˆãĻもらうことが劚果įš„です。 【ã‚ŋイプīŧ“】äŊœæˆĻ 意å›ŗįš„ãĢį†ä¸å°ŊãĒč¨€å‹•ã‚’ã—ãĻいるäēē。 それでも変わらず、、、 最įĩ‚įš„ãĢドã‚ĸãĢæŗ¨æ„æ›¸ããŽį´™ã‚’č˛ŧãŖたらしいですįŦ‘ 「夜中ぎ騒éŸŗčŋˇæƒ‘です」 「喘ぎåŖ°ã‚‚不åŋĢです」と。
20

ここからドãƒŗドãƒŗピãƒŗポãƒŗしãĻもå‡ēãĻこãĒかãŖた。

で、でも、きãŖとこぎäēēãŸãĄã‚‚æ™ŽæŽĩはã‚ŋイピãƒŗグéŸŗがうるさいはずですよīŧ č‡Ē分が気äģ˜ã„ãĻいãĒいだけでãƒģãƒģãƒģ。

č‹Ļ情ぎ手į´™ã‚’įŠ¯äēēãŽéƒ¨åą‹ãĢ投å‡Ŋするâ€ĸ č­Ļ察ãĢé€šå ąã—ãĻæŗ¨æ„ã—ãĻもらう 下ãĢčĄŒããģおã‚Ēã‚ĒゴトãĢãĒるぎで、įŠäžŋãĢ済ぞせるãĒら上から順į•ĒãĢčŠĻしãĻãŋãĻください。

īŧˆãã€æ°—をつけようãƒģãƒģãƒģīŧ‰ ぞ、ã‚ŋイピãƒŗグéŸŗがうるさいäēēぎį†į”ąã¨ã—ãĻは、 単į´”ãĢã‚ŋイピãƒŗグが下手だからとか、 äŊŋãŖãĻいるキãƒŧボãƒŧドがよくéŸŗぎéŗ´ã‚‹ã‚ŋイプである、ãŖãĻいうぎもあるだろうけおãĒ。

こぎ斚æŗ•ã¯ã€ããŽåžŒãŽäēē間é–ĸäŋ‚ãĢもåŊąéŸŋを与えぞすから、äŊŋい所はæŗ¨æ„ã—ぞしょう。

54