今年 の 節分。 2021年の節分(恵方巻)は2月2日。その理由は? 2022年以降はどうなるの?

99
その後、25年にまた2日になるなど、少しずつ2日になる年が増えていく。 節分が2月3日でなくなるのは昭和59年 1984年 2月4日以来37年ぶりで、2日になるのは明治30年 1897年 2月2日以来、124年ぶりのことです。 おなじみの豆まきも、新年を迎えるための邪気祓い行事です。 二十四節気では、立春の前は最も寒さが厳しい「」で、立春の次は雪から雨へと変わり、雪解け水が大地を潤す頃という意味の「」になります。 また、立春から春分の間に初めて吹く南寄りの強風を 「春一番」と呼びます。 242189日なので、1年で6時間弱ずつ遅くなりズレが生じます。 2022年~2026年の節分と恵方 ・2022年 2月3日(木) 北北西やや北 ・2023年 2月3日(金) 南南東やや南 ・2024年 2月3日(土) 東北東やや東 ・2025年 2月2日(日) 西南西やや西 ・2026年 2月3日(火) 南南東やや南 豆まきが宇宙と関係しているなんて、驚きですね。 この結果、2000年のような400で割り切れる年の前後の世紀は、節分などの日付がずれやすいんだ。 こういう状況が続くと、節分は2月3日であるのが当たり前と人々は認識し、2月2日や2月4日の節分は珍しい状況と感じるようになるのでしょう。 節分の日には、自分の年より1つ多い数の福豆を食べる習慣があります。
76