北 の 国 から 正吉。 「『北の国から』の近況。 しょ、正吉がっ...。」レッズレノンのブログ | 毎日が、きっと、Starting Over

現在は、どうなさっているでしょうか 大きな見せ場があるわけではないし、 それどころか正直大丈夫かと思うような ことのほうが多いくらいだけど、 照れたり、言い淀んだり、頭を下げたりするたびに、 なぜか五郎さんはこのドラマの 主人公としての説得力を増加させていく
まもなくそれはかっての初恋の人"大里れい"だとわかる こういう女優がすきなんだなー、倉本さんって・・・ と、当時思いました
笠松みどり(林美智子)・・・五郎の幼馴染で正吉の母 沢田 松吉(笠智衆)・・・かつて豆で儲けて、豆大臣と呼ばれた老人 すでにこのとき別のお仕事をしていたそうで、 「北の国から」のみに出演していたのだとか
通信網が遮断、混乱の中で純は、福島にいる正吉一家に連絡をとろうとするが全く連絡がとれない この少しあとに、蛍ちゃんがスタッフの方と結婚されましたよね
結局、この借金は清算(みどり自身が何らかの形で返済)されましたか? 何年か置きのスペシャル放送の冒頭の「純の手紙」で、サラッと近況報告がされるため「どこかで見逃した(聞き逃した)のでは?!」と思い、質問に至りました 「北の国から」って本当にいろいろ考えさせられるというか、ぜひ今の若い子とかに観てもらいたいですよね
61

私なんかよりも「北の国から」にお詳しい方からのご回答をお待ちしております。

最近、わたしのPVレポートを見ると 昔書いた「『北の国から』の続き!?」が コンスタントに毎日見られているので 「なぜに???」と思い、 「北の国から 続編」などと 検索をかけてみました。

正吉の純な気持がほたる に通じ、見事ゴールインできたが、ちょうど花の咲く季節でよかった。

さて、要点を追っていくと、 述べたようにいろいろあって、ぐしゃぐしゃである。

予断ですが札幌の店も借金してオープンしたようです。

自然は、おまえらを死なない程度には、十分、毎年食わせてくれる。

この時は職場の上司が北の国からファンだったらしく、ロケのために仕事を長期間休むことを許可したそうです。

悲しいことやおもしろいことや 怖いことやすごいことややるせないことが、 つぎつぎに生じては、ドラマのなかに織り込まれていく。

93

『北の国から』って本当泣けるシーンが多いですよね。

「北の国から」のファンの方はご存知でしょうが、僕は最近知って驚きました。

『北の国から』第15回のあらすじ 分校の教師・涼子(原田美枝子)を 中傷する怪文書事件が持ち上がった。

これは子供を助けようとして、避難させてる途中で、死んでしまいました。

77