木沢 記念 病院 コロナ 感染。 【岐阜県第3波感染状況】2021/2/5(金)■木沢記念病院クラスターの状況について本日執行部...

(松沢拓樹、松永佳伸). 【黒詰拓也】 病院で最初に感染者が確認されたのは2月2日。

原因究明とさらなる対策が求められている。

の感染者231人のうち、22日までに26人が死亡したことも明らかにした。

その後3月7日までに職員97人、患者94人、それぞれの家族ら40人が感染した。

木沢記念病院は、やその周辺の自治体から救急搬送の約半数を受け入れてきた中濃圏域の基幹病院で、の発生は、地域の医療提供体制にも影響を与えた。

発生後、患者と職員に対して延べ1万1510件のPCR検査を行った。 26人が死亡したことについては「高齢者やが必要な方、基礎疾患のある方が多かった」とした。 患者94人のうち13人は、退院した後に検査を受けて陽性となった。 医師や入院患者ら16人の感染が分かり、接触者を中心にPCR検査(遺伝子検査)を進めたところ、新規陽性が連日判明し、全11病棟に感染が広がっていた。 感染者225人のうち、医師や看護師ら職員は92人、患者は94人、患者の家族らが39人。 同病院にある11病棟の全てで感染者が確認された。 1例目の感染者が入ってきても、2例目を出さないようにしないといけない」と話した。
67 35