感電歌詞。 米津玄師『感電』歌詞の意味を考察!過去曲との繋がりから新たな世界観を読み解く。

さて、考察に入る前に同ドラマを簡単に紹介しておきましょう。

ただ実はここの歌詞にも米津作詞ならではの、ユニークな一面が混ざり込んでいます。

それらが歌詞へとどう影響していくのかを出来る限り探っていきたいと思います(現段階でまだ2話放送なのでね) 『感電』の意味とは 『感電』とは 「電流が身体に流れて衝撃を受けること」です。

ただ引っかかるのは 米津玄師が描く「感電」ということ。

2つめに関しては後ほどお話します。

この点は、伊吹の 「終わりよければすべて良し」とする性格と合致します。

71
それらが歌詞へとどう影響していくのかを出来る限り探っていきたいと思います(現段階でまだ2話放送なのでね) 『感電』の意味とは 『感電』とは 「電流が身体に流れて衝撃を受けること」です。 野木亜紀子さんも 「軽やかで痛快で、少し切なく、いつまでも聴いていたいと思わせる、そんな楽曲です」と語っていた通りの音楽構成でした。 第1話放送後には、Twitter上で 世界トレンド1位を獲得するほどの反響がありました。 聴いた人の前進を痺れさせるという意味でも「感電」なのかもしれません(笑) ドラマに寄り添いながらも自身の境遇を溶け込ませた素晴らしい作品でした。 自分が今暮らしている境遇と、ドラマの彼らが巻き込まれて行く物語に共通する部分をそのまま音楽にしました。 Aメロでは 「迷い込んだニャンニャンニャン」となっています。
13