岩手 県 コロナ 感染 者 いない 理由。 岩手県・達増知事が語る「半年感染者ゼロ」の理由と「岩手1号ニュースだけではすまない」への意見

内陸から沿岸部への流通・交通は不便です。

そのなかで、専門家会議にいろいろな数字をわかりやすく出して欲しいのですが、私が思うのは情報公開の在り方です。

そういう人たちが5人くらいいたそうですが、「何時にどこで乗せて、どのルートを通って何時にどこで降ろした」という情報まで、すべて出したのです そこでふと思ったのが、「なぜ少ないのか」という分析がないということです
北九州市でタクシーの運転手さんが感染しました 飯田)基礎自治体の保健所の人には、そういうものも見えているのかも知れませんね
どちらの県も全国での対策方法を実施することを前提に人との交流がもともと多くないことも重なり、感染者ゼロの状態が実現しているといえるかもしれませんね いざというときに何が大事で、何をしなければならないのかを県民1人1人が自分で考え、自分で行動することができている
特に岩手県の国土は四国に匹敵する大きさです この取り組みは今回のコロナ禍でも生かされている
日本の場合には、主に、地形的な特殊性から、ゆるい移動制限でも、大きな移動が発生せずに、コロナウィルスの拡大が抑えられた可能性があります その機会が日ごろから少ないからコロナ感染者も少ないという実情は手放しで喜ぶべき事象では決してないだろう
貧困であるが故、娯楽に興じることもできずGWなどの長期休暇に旅行に行けない 根本的に東北人とは考え方や行動様式が違うのだ
車社会であれば、飲酒を居酒屋などの飲食店でする機会が、首都圏よりも少ない可能性が高いことも考えられますよね 新型コロナウイルスの感染者が確認されていない岩手県だが、駅利用者もマスク姿が目立つ=盛岡市のJR盛岡駅で2020年4月8日午前7時50分、小鍜冶孝志撮影 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない
81

県民性が真面目で慎重だということ。

いろいろな方向から見つめていくことが大切です。

COVID-19の流行拡大では、医師多数区域が多い大都市部においても医療崩壊の危機が指摘されたが、医師少数区域(県)においてはさらに深刻な問題になりうる。

そんな中、岩手県と鳥取県が新型コロナウイス感染症の感染者がゼロの理由が気にありますよね。

九州は意外と少なくて、まだ数十人しかいません。

実直で粘り強い県民性も影響しているだろう。

岩手県はドライブスルー型や臨時の施設でPCR検査を受けられる「地域外来・検査センター」の数が、東北で一番多いんですよ。

しかし、24時間、病院内すべてとなると管理は難しく、院内感染が発生しています。

みなさんにお願いです。

87