ちびまる子ちゃん 嫌いなキャラ。 偽ちびまる子ちゃんの特徴

自他共に認める上がり症の口下手で照れ屋なため、人前に出ることは苦手 隣が磯野家
作者の「まる子」以前を書いたエッセイ『おんぶにだっこ』の挿絵では、アニメとは異なり眼鏡をかけていない いざという時にはきちんと自己主張し、筋の通った理屈で人を言い負かすこともある
ミラトコットのCM(22歳の未来)では、父の仕事を手伝っていることになっているが、実際に働いている姿は目撃されていない 「ちびまる子ちゃん記念館」という本ではヨッちゃんの彼女と間違って紹介されている(ヨッちゃんの奥さんがみやこになっている)
金銭管理がしっかりしている カバーはさくらが描いたはまじのイラスト)を執筆した
幼稚園の頃は元気が良く丈夫な子供で、鼻血や骨折で周囲から心配されたり注目されたりすることに憧れていた 日本国内(など)や海外にも別荘が多数あり、長期休暇中はほとんど旅行している
ができる 翌日まる子は、見事学校で冬田さんに雑誌を売りつけることに成功
まる子をよく助けたりフォローしているが、呆れて冷静なツッコミをすることもある 花輪くんのことになると、鼻息を荒らげて敵意丸出しで駆け寄り、花輪くんと頻繁に会話しているまる子や城ヶ崎さんを強くライバル視している
31 24