海上 自衛隊 制服。 制服 (自衛隊)

特別警備服装 特別警備隊の隊員が、任務を遂行する場合及び当該任務を遂行するために必要な教育訓練に従事する場合並びに特別警備隊以外の隊員が、特別警備隊の隊員として必要な技能修得のための教育訓練に従事する場合で部隊等の長が必要と認めるときに着用する。

セーラーカラーは均等に3つの山が出来るようにアイロンをかける。

作業帽(准海尉以上は冬略帽 、特殊作業服、作業外衣(航空整備服装の作業外衣に同じ。

艦隊所属の自衛艦であっても全自衛艦が自艦の名前のペンネントを持っている。

秋から春にかけて着用する常装冬服と、夏用の服があります。

艦船ファンにとっては最も頻繁に目にし親しみを感じる制服と言えるでしょう。

その他の海曹は黒色に限る)、丙階級章(幹部は、海曹は左腕)及び第1種夏服バンドを着用する。

制服着用の男性の海士は一目で所属が分かる事になる。

17