デコポン 食べ頃。 デコポンの旬の時期(食べ頃)や味の特徴(糖度など)を解説

デコポンが旬の時期以外も美味しい秘密って、何なのでしょうか 市場に出回る時期は12月~5月頃まで!!! 美味しい時期を狙うなら露地物が出回る3月~4月がオススメです
3月1日は「デコポンの日」 熊本果実連制定 また、 「コブの部分がないものはどうなの?」と疑問に思われるかもしれませんが、 コブはあってもなくても大して味に変わりはありません
これだけ見ると普段からデコポンを意識して見ていない人にはピンとこないと思うので比較用に買ったばかりのデコポンと比べてみました 高級品ほど立派なおヘソをつけているとのウワサもあり、中身が気になりますが・・・残念ながら、べつに何も入っていないようです(しかも、大きさは味に無関係らしいです)
いつでも、どれでも美味しいと感じられるのには、品質の維持への努力が関係しているのです! スポンサードリンク. 頭の部分がボコッと上に出っ張っていることからこの名前が付いたと思っている方も多いと思います 収穫時期と美味しい時期がズレている理由 デコポンの収穫の時期と食べ頃には差があります
旬の時期に食べる食材は、より一層美味しいと感じられますよね 母ゆずりのすべすべお肌をサッと剥くと、父を思わせる南国の香りで、食べればプチプチはじける大粒の果肉
食べる時は自然解凍し、 シャリシャリのシャーベット状でもおいしいです ちなみに当初熊本産の不知火以外には 「デコポン」の名前をつける事が 禁止されていたので 他の県で生産された不知火では 愛知県だと 「ヒメポン」 広島県だと 「キヨポン」 静岡県だと 「フジポン」 といった具合に色んな名前がつけられたそうで 市場や消費者もえらく混乱したそうです
1972年に長崎県の農林水産果樹試験場でこの柑橘は誕生しましたが、この時にはまだ名もない柑橘のひとつでした 子供たちが冬休みに突入しました~
」・・・・いっきに期待が膨らみます また、ネットなどで包んでお風呂に入れるとお肌はしっとり、湯垢もつきにくくなります
結局は 我々消費者が自己判断で購入してからのフルーツの最高の状態を見抜く意外に美味しいフルーツを食べる術はないということです 加熱したら、今度は 冷蔵庫で冷やしなおします

ただ、濃厚な味わいなのでケーキやタルト、ゼリー作りにも向いています。

ジョウノウには、栄養も多く含まれているので、むかずにそのまま食べるといいですよ。

1個に換算すると約80kcalと低カロリーです。

コブがないからまずいということはありませんので、安心してください。

デコポンの生産地として有名なのが、デコポンの商標登録を行った 熊本県です。

ブランド名、と言った方が分かりやすいでしょうか? 正式品種名が不知火。

つまり柑橘類は甘さと酸味のバランスが整っており、かつかびや腐敗が起きていなければ数か月スパンでも賞味期限内だと考えることができるのです。

25
今ではアイドル級の扱いを受けているデコポンですが、誕生した当初は見ためが良くなかったため、注目されず、品種登録さえ行われていませんでした 熊本県に限らず、他県産でもここに加盟していて基準を満たせばデコポンとして出荷可能です
1991年3月1日に初めて出荷されて以来、どんどん人気がでていって、今ではスーパーでもよく見かける果物の一つとなっています 数は少ないようですがこちらの場合は4月頃が食べ頃
もし既に完熟しているのであれば、できるだけもぎたてものもを選ぶのが良いですが、その判断をするためにも色や重みに注意して見てください デコポンの基礎知識 デコポンは「清見(きよみ)」と「ポンカン」を掛け合わせてできた柑橘の愛称で、上部がこぶのようにぽっこりと盛り上がっているユニークな見た目がチャームポイントです
デコポンの正式名称は「不知火」ですが、 糖度13度以上、クエン酸含有量1. 最近テレビでも食べごろの特徴なども紹介されています 加温ハウス栽培のデコポンは11月中旬から収穫され、早いものは12月末のお歳暮として扱われます
あとは皮の部分を使用した デコポンのピールショコラ なんて食べ方もあります 私としては揉んだ直後に食べるのが一番手っ取り早い方法ですね
また、ふるさと納税の現在の人気ランキングを見ることによって、 今現在、最も旬で美味しい果物をゲットできる 可能性があります そんなデコポンですが、正式名称は「不知火 しらぬい 」と言い、熊本県宇城市不知火の地名を取り、命名されたと言われています
そうした点を踏まえたうえで、今回はフルーツの熟成について焦点を当ててみます これは、商標登録上の関係で決められていることですので、流通まで意外と難しそうに感じられます
14