黄色い 鼻水。 黄色い鼻水の原因と治し方|岩野耳鼻咽喉科

鼻炎から蓄膿症への移行時期、つまり 初期段階の症状として「サラサラな黄色い鼻水」が止まらなく出てきます。

できるだけ早めに医療機関に相談した方がよいでしょう。 45
黄色い鼻水が出る場合の治療法 黄色い鼻水の場合の治療法は、以下になります。 鼻水が黄色くなってきたら、要注意ということです。 おかゆのトッピング ・ショウガ汁・おろしショウガ 身体を温める効果があります。 急性の鼻炎から、急性の副鼻腔炎となり、蓄膿症へと姿を変えていくのです。 まとめ 鼻水には透明・黄色・緑色などの種類があります。 根管治療や歯周病の治療を行っても改善しなければ、抜歯をしなければなりません。 初期の蓄膿症 風邪をひいているわけでもないし、時期的に花粉症は考えられないという方は初期の蓄膿症かもしれません。 ぜひ、鼻水を確認して、体から出ている危険サインを感じ取ってください。 鼻水の色について 鼻水の色は透明・黄色・緑色などがありますね。 2~3ヶ月、長くて半年くらいの薬物療法や通院による鼻処置やネブライザーでも改善されない場合は手術適応と考えられます。
63