ポケモン 剣 盾 カバルドン。 【ポケモン剣盾】カバルドンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ 初手から展開してくるカバルドンの場合、対策は非常に簡単で、• じしん• HDにすることで単体ではエースバーンには安定しなくなったが、の威嚇を絡めることで特に問題なく立ち回ることができた
ばかぢから• 特防に振らずとも元々高いので、仕事はしてくれます あと普通に上振れ害悪モンスター
ドラミドロ(ダイアース・ダイアイス)• 調整などは忘れましたが、アッキ発動後であれば、無振りのジャイロボール+鉄の棘を耐える頭のおかしい 前回の構築で重かったやなどもこいつで見ることができ、DMしても強い 特防に努力値を振る事で、弱点以外の特殊技であれば持ち物の効果と合わせると2回耐えられる相手がほとんどのため、「あくび」や「ステルスロック」が非常に使いやすくなります
ステルスロックが撒かれる前提で選出する• カバルドンをダイジェット2回で倒してから突破して弱点を突いて削る+先制技持ちのポケモンの複数体で削っていく• 持ち物:アッキの実 特性:すなおこし 技: 欠伸 吹き飛ばし 現環境においてエースバーンに後出しが可能というのは立ち回りの幅を広げられるため、かなり重要であるだろう 他の候補としては、, などがあったが、自分には使いこなせなかったので、このとなった
相手のポケモンを強制的に交代させる 耐久も欲しいが、一回行動できる保険も欲しい
を倒した後に裏のをさらに電磁波鬼火で展開を阻害して、こちらのを通していく立ち回りがかなり強力だった みがわりを採用することで、後続に出てくるなどの受けポケに毒を入れることができ、そのまま降参されて勝つことも少なくなかった
3倍になる 耐久も欲しいが、一回行動できる保険も欲しい
〇 の使いどころを間違えるとこいつで詰む 〇アーマーガア 勝てるがほぼいない また、起点作成型カバルドンも対策としていいでしょう
相手の積み技などを咎めながら展開に繋げられるこの技は、カバルドンの強さを1段階引き上げてくれている 1発殴って削ってから、サザンドラやドラパルトでとんぼがえりを繰り返そうとしても火力がないため裏のポケモンを簡単に合わせられてしまいます
49
相手の『みがわり』状態を貫通する。 こうしてあくびとステルスロックでじわじわと相手を削っていくのがあくびループ型。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 HDに振ることによってポリゴン2にかなり安定するようになり、に対しても居座りの選択肢も取れるようになった。 引いた場合は相手の選出情報などを暴きつつ、砂あらし等のスリップダメージを蓄積させられる。 また、構築の関係上、初手ックスを切る展開が予想できたので、相手のターンを枯らせる みがわり持ちの を入れ、色々補完していった結果、今回の構築になりました。 ポリキッスに強め。 調整などは忘れましたが、アッキ発動後であれば、無振りのジャイロボール+鉄の棘を耐える頭のおかしい 前回の構築で重かったやなどもこいつで見ることができ、DMしても強い。
54