養老 乃 瀧。 養老乃瀧の伝説メニュー「養老牛丼」が幸楽苑に!毎日食べても飽きないおいしさは当時のまま [えん食べ]

アボカドや野菜、チーズにエビなど、女性を意識したトッピングも人気があり、女性客が3割~5割と高い割合なのも100時間カレーの特徴です。

59

標準メニューのほか、日替わりもあり、同社の海鮮業態「だんまや水産」と同様に、魚介類は旬のものをいれています。

チェーン店が大衆酒場ではないというわけではありません。

老舗ならではのエピソード 漫画「キン肉マン」で、作中に主人公の キン肉マンは、好物に牛丼をあげていますが、実はこの牛丼とは養老乃瀧のものという説も(*諸説あり)。

「養老乃瀧の養老牛丼」は、飽きずに毎日でも食べられる、香り豊かな出汁のきいたあっさり和風テイストの牛丼。

現在も破られていません。

かつて昼食時は、牛丼を提供していた養老乃瀧。

余計な心配やストレスなくのんびり過ごせる、よきお店です。

皆さんも、昔ながらの渋いお店で飲んでいますか? どうしても大衆酒場というと、大手チェーン店と対称的な存在で、個人経営の昭和酒場のイメージが強く、"有名チェーンを卒業したら飲みに行く店"……そんなふうに思われがちです。

創業は1961年、横浜ではじまった居酒屋・養老乃瀧は、居酒屋チェーンのはしりとして日本全国に出店し、酒場というのはこういうものだという、ひとつの「パッケージ」をつくった暖簾です。

1956年12月に神奈川県横浜市で居酒屋として養老乃瀧第1号店を開業いたしました。

56

また 「養老ビール」も、養老乃瀧を話すなら切っても切れないもの。

一周回って、昭和暖簾がいいものです。

仕事終わりのちょっとした飲みのときに、有名酒場に並ぶのは大変です。

価格は440円(税込、以下同じ)。

「ホテルで食べるような家ではなかなか作れない本格的なカレーをリーズナブルに提供したい! そんな チェーン店を紹介する企画の第一弾は、一度は目にしたことがある「養老乃瀧」です。

国内最大級のカレーイベント神田カレーグランプリで2014年度(優勝)、2015年度(準優勝)、2016年度(優勝)には初のV2達成。

ですが、今回はあえてチェーン店にスポットライトを当ててみたいと思います。

作られた昭和ではなく、ちゃんと毎日のお客さんたちが繋いできた暖簾なのですから、ウソが効きません。